緊急連絡!アマゾン倉庫へ送る時はお気をつけ下さい!

The following two tabs change content below.
ほっこり
在宅収入に取り組む、2児の母。

出産と同時に介護問題も抱えたことをきっかけに、夫婦で会社を辞め、「せどり」からはじめる。

【国内転売・中国輸入.サイトアフィリエイトを中心に】収入の安定と自由時間の確保を追求し、子供の成長を夫婦で楽しめる幸せな時間を大切にしつつ、日々全力で取り組んでます♪
☆無料メルマガ登録はこちら☆

こんにちは!  

 

実は一昨日から昨日に、  

アマゾンへ送った荷物で事件が起きました!∑(; ̄□ ̄A    

 

まぁそんな大げさな話しではないのですが、  

 

場合によっては大損失なので、  

緊急連絡でございます!  

 

    ご存知かもしれませんが・・・     アマゾンへの倉庫へ荷物を送る時の決まりごと、   守ってますか?

 

  簡単にまとめました。

 

↓↓↓↓

======================

1. 輸送箱サイズは 40cm x 60cm x 40cm 以下を使用。 ※特例はあり。

2. 輸送箱1個あたりの最大重量は30kg。 15kgを超過している場合は、 必ず天面と側面に見やすく「重量超過」と明示。

3.輸送箱は、Amazon フルフィルメントセンターまでの輸送時ならびに、 入荷処理時の作業負荷に耐えられる標準的なものを使用。 4.複数の輸送箱をテープで巻くなどしてひとつにまとめて納品することは禁止されています。

======================  

 

知ってました?やってました?

私はというと・・・  

まぁ3番の強度は、

破損したら嫌なんで常識の範囲内で守っていましたが、  

他はさほど気にしていませんでした∑(; ̄□ ̄A

 

 

それでも、160cm箱も、  

くっつけ箱も問題なくここまできたので、  

いつもどおりという感じでしたが、

 

注意が入り、受取拒否されました(大ショック!!!)  

 

↓↓↓↓戻ってきた画像↓↓↓↓ 2013102302

 

理由は4番の箱と箱のくっつけ(^_^;)  

 

手元にあるダンボールサイズと、    

 

送料の問題でやってしまいがちな作業!    

戻ってくるということは、    

 

送料の損失!

急ぎの商品であれば、      

販売チャンスを逃す!

送った時の送料や、    

商品の内容によっては大損失になりかねません!    

 

 

  もし、

  もしも、  

私もよくやるわぁ~って方はもうやめて下さいね!  

 

 

と、いうのも、なぜいきなり通用しなくなったかというと・・・  

 

 

↓↓↓↓拡大画像↓↓↓↓   2013102301   

 

2013年9月21日からだとぉ~  

 

様子みても、

くっつけダンボールが減らないから、  

1ヶ月過ぎますが、厳しくしたようですね・・・

 

 

 体験すると、  

ホント、

『まじかぁ~!!!!』って大声で叫びたくなりますから (実際叫びましたが・・・(-。-;))  

 

 

ちゃんとこのように   ↓↓↓↓やりなおした~画像↓↓↓↓ 2013102303

 

それでも、大きいダンボールで配送料を安くする私・・・  

こうなってくると、

配送業者や契約も見なおした方がいいなと、  

 

早速、郵便局に電話した私★  

 

早急に営業の方に来てもらう予定です。

 

 

 

   変化になんか負けないぜっ!!!!  

 

 

 

ちなみに、  

アマゾンが受け取ってからなんかしらの理由で返送されると、  

返送料はこちらもち!  

 

アマゾンが受取り拒否であれば、  

特に返送料はかからず済み、

ほっとしましたが、  

こういった赤字を繰り返す事は避けたいですね。  

 

 

  ではでは、 最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 [bm2 color=”orange”]  ブログには書けない!せどりで稼ぐ秘訣はメルマガで大公開中  登録はコチラ ↓↓↓↓↓↓↓↓ ほっこりの大人気メルマガ登録フォームへGO!! [/bm2]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です