Amazonで重要な評価対策なにかしていますか?

The following two tabs change content below.
ほっこり
在宅収入に取り組む、2児の母。

出産と同時に介護問題も抱えたことをきっかけに、夫婦で会社を辞め、「せどり」からはじめる。

【国内転売・中国輸入.サイトアフィリエイトを中心に】収入の安定と自由時間の確保を追求し、子供の成長を夫婦で楽しめる幸せな時間を大切にしつつ、日々全力で取り組んでます♪
☆無料メルマガ登録はこちら☆

本当に、

Amazonのお店の評価は重要です。

売上をあげるのも下げるも、

評価次第といっても過言ではないと思っています。

 

あなたは、Amazonの評価に悩んでいませんか?

 

 

が、しかし・・・

ヤフオクと違って、

評価はなかなかたまりませんよね(;・∀・)?

 

あなたも評価数がたまらない、

だから、

いきなり『1』や『2』をつけられただけで、

お店の評価がかくんと下がってしまい、

売上の低下・・・・

 

そんな悩みをお持ちではないですか?

 

本当に、

評価数が少ないうちに悪い評価を1件でもつけられると、

ダメージは大きいのです。
わかりやす説明が、

高評価『5』を4件で、

低評価『2』を1件もらったとしましょう。

あなたのお店の総合評価は『80%』・・・

私ならこんな低い評価のお店から買いません。

あなたもそうではないですか?

 

でも、

評価数をちゃんとみると、

5件中4件のお客様は満足しているんです。

でも、購入者はそんなの関係ありません。

 

総合評価『100%』がいいにきまってるし、

評価数が多い程良いお店。

総合評価が『100%』に近いほど良いお店。

なのです。
そう!

評価数が多く、総合評価が高いお店であれば、

最安値じゃなくても売れるんです。

 

 

[bm2 color=”pink”]では、どうしたらAmazonの評価対策ができるのか?[/bm2] Amazonの場合、

ヤフオクと違い、

購入しても、評価をつけるというマナーはありません。

なぜなら、購入者に見返りはなにひとつないからです。

 

ヤフオクの場合は、

『良い購入者です』という見返りが頂けます。

 

ならば、

こちらから働きかける必要があります。

 

私は、Amazonの評価対策に、

購入者にオリジナルのメールを送っています。

 

 

[memo color=”pink”]

【メールの効果】
とくに問題が無かったと感じたお客様から、
高評価をもらいやすくなり、評価数の母数を増やせた。
*評価数が増える事で、いきなりの低評価1件にくらうダメージを低くなる。

 

なにかご不満、問題を感じたお客様だった場合、
いきなり評価に低評価かつ不満を書き込まれる前に、
メールにて解決できる事を提示し、
評価へのダメージ対策ができるようになった。

[/memo]

 

 

若干の手間はかかりますが、

効果があるのは、間違いないです。

 

なぜなら、

やるべきとはわかっていましたが、
急激な変化も起きるものではないので、

やんなくても一緒・・・かな?

なんて思ってやめた時があったので。
なぜ再開したかというと、

悪い評価が続いたからです(;・∀・)
再開後はとにかく毎日続けました。
評価も復活!

 

しかも、

メールの文章にも改善に改善を重ねていくうちに、

確実に評価をつけて頂ける件数も増え、

【素敵なお店に出会えて感謝です!】

なんて内容のメールも頂けたりするようになりました。
また、Amazonで購入した後に、

お店から直接感謝のメールが来るとうのは、

珍しく、安心感が持てるのでしょう。

 

 

だれもやってないからこそ【やる!】

差別化を意識した行動は、

反応が早いという事を覚えておいて下さい。

 

 

商品に問題・不満があった時に、

売って終わり!と、

店側が思ってるのが嫌で、

ついつい低評価にてコメントを書いてしまう方が多いと考えます。

 

 

実際に、だいぶ怒ってるなぁ~

という評価を頂いた際でも、

気持ちを込めて、謝罪のメールをすると、

それでも怒りがおさまらないという方は皆無ですし、

そもそも、

文面ほどお怒りではない場合も多いのです。

 

その時の感情で書いてしまったというケースが考えられます。

 

でも、

その感情を伝えれるルートが先に与えられていたらどうでしょうか?

評価を勢いでつける事を抑制できます。

 

 

ついつい、

Amazonという最大級のネットマーケットを利用して、

FBAで配送の自動化もしていると、

購入者様の気持ちを考える時間が無いものですが、

やっぱり、

商売は、お客様ありきです。
そんな感謝の気持ちを込めて、

出荷日に【出荷連絡と感謝の文章】を、

その4日後くらいに【商品のお伺いと評価依頼の文章】を、

お客様へ送ってみて下さい。
続ける事で、

確実に効果がありますよ★

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください