AmazonFBA納品不備手数料徴収が厳しい件^^;

The following two tabs change content below.
ほっこり
在宅収入に取り組む、2児の母。

出産と同時に介護問題も抱えたことをきっかけに、夫婦で会社を辞め、「せどり」からはじめる。

【国内転売・サイトアフィリエイトを中心に】収入の安定と自由時間の確保を追求し、子供の成長を夫婦で楽しめる幸せな時間を大切にしつつ、日々全力で取り組んでます♪
☆無料メルマガ登録はこちら☆

今、

Amazon様と戦ってるんですけどね^^;

 

 

納品不備連絡ってくることがあります。

ルールを守っていなかった場合ですね。

 

 

到着時に破損していた!

なんてのもありますが、

 

【商品バーコードを隠す必要】

これ、もちろん知ってますし、

しっかり隠して納品してきました。

 

が、今回、

今の今までこのやり方で、

数多く納品してきた商品が、

注意され、

 

 

 

 

その請求手数料、

その数90個で2700円!

 

 

 

小さな小さな商品で、

確かに小さな小さな商品バーコード見えちゃってるんですが、

商品自体が通常の納品ラベルの1.5倍くらいのサイズなので、

すぐわかる状態。

 

 

 

説明が難しいですが、

シールで隠す必要があるとは思えないということ。

 

 

しかも、

人が判断しているようで、

倉庫の人により判断が違うということ。

 

 

正確には今回の人だけが初めてアウトとしたということ。

 

 

今の今まで大丈夫だった訳で、

いきなりもいきなりの手数料徴収。

 

 

この手数料を逃れたいだけって話ではなく、

たまたま今回こんなもんですが、

 

 

この商品、

場合によっては、

100とか200とか納品することもあって、

ぞっとしました

 

1個あたり30円罰金ですからね。

 

 

まるで、

交通違反取締で稼ぐ為、

隠れて見張っているおまわりさんのような、

厳しさw

 

 

ちょっと違うかw

 

 

予想ではありますが、

 

手数料とれるようになり、

明らかに、

倉庫の方でそういった、

小さなミスも見逃すな!

と、司令が出ているのかもしれません^^;

 

 

まだ、

Amazon様から返事はないのですが、

少々、時間がかかってますね。。。

検討の余地ありなのでしょうか(-_-;)

 

 

もし、私の訴えが却下されたらそれはそれで、

従うしかないのです。

 

 

こわいなぁ~。。。

こんなところにバーコード!

ってのに気づかずって場合もあるわけで、

 

 

まっ、

ここでぐだぐだ言っても仕方ないですね。

 

また、ご報告しますね♪

 

 

 

P.S

ちなみに、白ラベルで隠す以外に、

サインペンなどでバーコード線を引く対応もOKなようです。

※読み取りできないようにするのが目的なので、

線の方が楽かもしれないですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください