『今まで本当にありがとう!』モノレート閉鎖のお知らせによる今後の対策と未来予想♪

The following two tabs change content below.
ほっこり
在宅収入に取り組む、2児の母。

出産と同時に介護問題も抱えたことをきっかけに、夫婦で会社を辞め、「せどり」からはじめる。

【国内転売・サイトアフィリエイトを中心に】収入の安定と自由時間の確保を追求し、子供の成長を夫婦で楽しめる幸せな時間を大切にしつつ、日々全力で取り組んでます♪

2020年6月15日。

その発表をみたのは、

夫婦で、店舗仕入れへ向かい、

せどりすとプレミアムを開いてリサーチ開始直後でした。。。。

 

ほっこり
ん?なんか、モノレートに赤い文字で、、、かんすけさん!モノレートおわるってよっ!!!!!
かんすけ
ん、、、あぁ、ほんとだねぇ(笑)

※なぜ、笑う!!!!

冷静な、かんすけのリアクションは置いといて!!

 

声を大にして叫びたい!

 

『モノレートさん!今までたくさんありがとう!』

 

せどりをはじめて、

約8年。

 

1日として、モノレートを見ない日があっただろうか。

いや、何日かはあったかもしれない(笑)

 

が、ほぼ毎日アクセスするサイト。

しかも無料!

ここまでお付き合いが長いと、寂しさと切なさでいっぱいである。

さて、胸いっぱいの気持ちはここまでにして、

 

ここから、問題なのが、

『次は誰とお付き合いしていこうか???』

と、いうところ!

 

そう考えると、

ちょっと新しい環境にワクワクしてる部分もありますが、

現在考えられることをまとめてみます♪

 

 

そもそもなぜモノレートは閉鎖したのか理由からの考察

 

こんなにも長く、せどらーに愛され続けてきた、

モノレートが、

急に閉鎖発表をした理由を理解することは重要です。

 

その理由によっては、
他、類似ツールやサイトの閉鎖もあり得るわけですから。

 

モノレートサイトの発表によると、
↓↓↓↓↓


『サイト閉鎖の理由と致しましては、
Amazon様より、
「モノレートが、Amazonの規約違反に該当する」
とのご連絡を頂いた為です。』

と、記載がありますね。

と、なると、

どの部分が規約違反なんだぁ~???
この詳細はわかりかねる為^^;

類似ツールやサイトも今後閉鎖がありえるかどうかは、
わかりませんが、

『Amazon様のデータを使用させて頂いている以上は、
規約を守るのは当然のことであり、
従うべきと判断しております。』

と、あるように、
Amazonのデータ抽出を利用していることが関係してるわけですが、

もし、
なんかしらの部分的精度を落とす。
または、
なんかしらのデータ取得は行わないなどで、

規約違反にあたる部分だけ削る!

などで、
サイトを残す対応策は、
あったんじゃないかなぁと勝手に思ってますw

とはいえ、
モノレートさんは、
『閉鎖』を決意したわけですから、
総合的にみてその選択をされたのかなと。

そう思うのは、
もし、データ取得のすべてが規約違反だとしたら、
けっこうな数のツールやサイトがアウトです。

やはり、
データ取得の『部分的』に、規約違反なのだと考えないと、

例えば、今存在している、
『デルタトレーサー』や『Keepa』が今後も、

有料だろうと、無料だろうと、
モノレート同様のことを可能にするのであれば、
規約違反ということになってしまいます^^;

 

詳細がわからない限り、
断定はできないですが、
今後、モノレートに変わるものすべてが排除されるということは、
考えづらいと思っています。

ほっこり
そのときは、AmazonがAmazonのデータを利用した、モノレートに変わるツールやサイトを、出してくれるのではないでしょうか♪

 

そんな感じで、
モノレート閉鎖の理由の考察!

『デルタトレーサー』や『Keepa』は、
モノレートの消滅により、
なんかしらの形は変われど、
生き残るのではないかと思っております。

そして、
今後は、『デルタトレーサー』や『Keepa』で、
リサーチをする場合を考えてみました!

『Keepa』キーパを有料版にしてみたらどうだろうか?

 

現在、無料版の利用です。
なぜなら、モノレートで済んでいたから。

 

と、なると、
ここは迷わず、有料版を検討しますねという話。

 

Keepaは2019年2月から有料版も出たのですが、
ポイントは、
ラインキンググラフだといえます。

モノレート同様に、

ランキング(売れた時)波形が見れるということですね♪

価格の推移は無料でもみることができますが、

有料版にすることで、
ランキング推移を見れ、

まさに、モノレートのように、
商品の回転がわかり、
仕入れ数量も把握できるわけです。

 

有料版の他の機能はこんな感じ♪

 

Keepaは、

グーグルクロームに導入できる、拡張機能になります。

無料でも使えますから、まだの方はこちらから入れてみてください!

↓↓↓↓↓

Keepa – Amazon Price Tracker

 

そして、重要な、有料版の料金は、

月額、年額あり、海外のツールの為、

単位はユーロなので変動的です。

 

参考までに、現在、

月額料金 15ユーロ→ 1,811.63円

年額料金 149ユーロ→17,996.88円

もう一度書きますが、ユール単位なので、わずかながらでも変動的。

昨日より若干安いですw

(2020年6月17日調べ)

 

現状、この、ランキンググラフの精度は、
『Keepa』の有料版がベストと言われています。

※モノレートよりも精度は良いという噂。

すでに、私のリサーチ範囲ですが、

今後は『Keepa』の有料版を考えてる方が多い様子です。

 

モノレートが無料だったことで、
『Keepa』の有料契約を拒む人が多くなるならば、
チャンスかもしれませんね。

むしろ、
モノレートが無料だったのが奇跡!
せどりの昔話となり伝説となるでしょうw

 

『デルタトレーサー』はすでに動きが!今後の発表に期待!

『デルタトレーサー』は、

今年、終了を宣言していたのですが、

なんでか、とりあえず利用できてます(^▽^;)

 

今までも、
モノレートが開かない時など併用して利用していました。

 

そんな『デルタトレーサー』なので、
モノレートがなくなるとなると、
皆さん、一番に思いつくサイトかと思います。
↓↓↓↓↓
https://delta-tracer.com/

店舗せどりをする場合、
やはり、今は 『デルタトレーサー』はブラウザ利用できるの、

ほぼほぼモノレートと変わらない機能を持っているといってよいでしょう!

 

今まで使ったことがない方は、
アカウント作成しておくとよいかとお思います♪

↓↓↓↓↓

(アカウント作成ページに飛びます)
https://delta-tracer.com/auth/reg/

そんなわけで、
『デルタトレーサー』を今朝(6/16)開くと、
なんと、アクセスできませんでした!

そのときは、
やはりデータ取得の問題で、
閉鎖か???
とも思いましたが、

安心してください♪

今はもとどおり利用できてます♪

ただ、
情報を検索してみますと、
『合同会社ナナイチナナ』さん。

こちらの会社が『デルタトレーサー』を運営しています。
↓↓↓↓↓
https://www.nana-ichi-nana.com/

そして、見つけたのがこれ
↓↓↓↓↓
https://www.ecscouter.com/

ECSCOUTER(ECスカウター)という商品に、
『デルタトレーサー』が入っていました。

こちらの商品は有料で販売されています♪

しかも、その紹介LPをみていくと、

 

(※DELTAトレーサーは、今後ECSCOUTERユーザーだけが使用できる国内アマゾンの専用データベースです)

ってかいてますね、、、、

 

今後!!!と、いうことは、、、

ずばり!きっと!そろそろでしょう(笑)

詳細はわかりませんが、

有料であろうとも、

『デルタトレーサー』は、
モノレート同様に、
ブラウザでほぼ同じ役割を果たしてくれるわけなので、
使わせて頂きたいところです。

 

ほっこり
『合同会社ナナイチナナ』さんの、
ツイッターはこちら♪
なにかリアルタイムで発信してくれるかもしれません♪
↓↓↓↓↓
https://twitter.com/717_jp 

 

せどりすとプレミアムに『デルタトレーサー』を連動してみた。

せどりすとプレミアムに『デルタトレーサー』を連動する方法です♪

店舗仕入れの方はとくに、
せどりすとプレミアム利用の方が多いかと思います。

現状、せどりすとプレミアムから、
なんかしらのアナウンスはないようですが、
せどりすとプレミアムで商品バーコードを読み取ったあと、
モノレートリンクも確認していたと思います。

が、このモノレート確認が7月からはできなくなる!

と、いうことで、
せどりすとプレミアムに、
『デルタトレーサー』を見やすいように、
設定してみましょう!

1.画面上の三本線マークから入っていきます!タップしましょう!

2.開いたメニューから『アプリケーション設定』に進みます!

3. 「検索リスト拡張ボタン一覧」にすすみます。

4.上にある【編集】にすすみます。

 

5.【+】マークをタップします。

 

 

6.新規カスタムボタンの入力になるので、

・ボタン名はデルタなどわかるように自由に入力!

・設定URLには

↓↓↓↓↓

https://delta-tracer.com/item/detail/jp/{asin}

を貼り付けでください♪

こんな感じですね♪

7.あとは、うえの保存をおして完了で終了です♪

 

いつも、モノレートに飛べるリンクメニューが出る欄に、

デルタのリンクボタンができてるので、

そこから売れ行き確認ができるようになりますね♪

 

ただし、
現状まだ、7月から『デルタトレーサー』はどうなるのか?
有料になるのか?

そもそも、閉鎖しないのか(^▽^;)?

など、なってみないとわかりませんが、
とりあえず、設定してなれておきましょう♪

 

【番外編】気になるモノレート運営会社の新サービス『ウォッチベル』

 

そして、気になるのが、
モノレート閉鎖の挨拶に記載があった、
モノレートは閉鎖するが、
新たなサービス 「WatchBell(ウォッチベル)」!


しかも、
こちらは、
『Amazon様の許可を得てのリリース』

内容は、
モノレートの代替えやリニューアルではないが、
「モノレートの先を行く」ソフト?

詳細は、
「WatchBell(ウォッチベル)」のLPを見たところ、

Amazon販売の価格関係を、
フォローしてくれるツールの様子。

ようは、価格改定ツールよりのイメージです。

記載あるように、

たしかに、
リサーチには必須だった、
モノレートに変わる商品というわけではなく、

「WatchBell(ウォッチベル)」は、
販売価格を、
適正にして、
売る手助けをしてくれる機能が充実してます。

詳細はLPはこちら♪
↓↓↓↓↓
https://watchbell.com/

モノレートの代替ツールではないですが、
神サイトモノレートを運営していた会社さんの商品なので、
期待は大きく、
新規登録をしておきました♪

ただ、

現在はまだベータ運用中!
なので、完全な形ではないこと。
また、今後有料になること。

また、注意したいのは、
『出品SKU数が4000以内であるアカウントしか利用できない』
※あくまで現状はとのことですが!

他の条件は、
Amazon出品用アカウントを大口出品(プロマーチャント)または出店型であることですね。
これは、利用する際に、
現在小口出品者であれば大口への切り替えで対応できますね!

 

ほっこり
「WatchBell(ウォッチベル)」に関しては、
これから形ができていく様子ですので、
楽しみですね♪

また、なにか、
またわかれば記事にしてみたいと思います(*⌒∇⌒*)

 

結局、2020年7月からせどり仕入れはどうなる?

確実に、
せどらーは減ると思います!

なぜなら、

今までの環境で、
モノレートが無料だったから!です。

と、いう意味は、

可能性として、
なんかしら、モノレートに変わるツールは、
出てくると思うのですが、
まず、無料!ということはないでしょう。

しかも、
無料のモノレートがなくなった今、
代替えツールの需要は高く、
月額固定費がそれなりに高いことも予想されます。

そうなると、
まだ稼げてないせどらー。
中途半端にやってきたせどらー。
は、月額固定費がリサーチにかかるとなると、

『そこまで稼げてないし、やめようかな』
と、なる理由です。

※投資意識が低い人は、まだまだ多いのが現状です。

もうひとつの理由として、
その有料ツールさえも、
モノレートのような機能には及ばない可能性あり!です。

なぜなら、

単純な話ですが、、、

モノレートがAmazonに規約違反で閉鎖ということになれば、
同じようなツールがいくら開発できたとしても、
規約違反になるということですから(^▽^;)

そんなこんなな分析で、

ツールなしでの、
仕入れに自信が持てない人も、
やめる方向に進むのではないかと思います。

モノレート代替ツールも消滅したとしても生き残るせどらーとは?

消えていくせどらーの特徴を書きましたが、

逆をいえば、

『ツールがなくても売れ行きを分析できるスキルがある人が生き残る!』

と、いうこととなりますね。

 

うちも、

今までにはたくさんのツールを利用してきました♪

しかし、最終的に、現在も使っている有料ツールは、

・せどりすとプレミアム(有料)

・プライスター(有料)

のみとなります。

 

自動リサーチツールのようなものは、

利用していません。

 

もし、あなたが、

今、なんらかのツールありきの仕入れをしているのであれば、

Amazon規約的に、今後なくなるかもしれない。

 

という、問題も出てきますね。

 

その可能性も考えると、

商品知識がいかにあるか!が肝になってきます。

しっかりと商品知識があり、
商品の動向を見てきた経験から仕入れができる人!
と、なってくるでしょう。

これは、

最初は地道な作業が続きますが、

すでに蓄積データがある人や、これからコツコツ作業できる人は、

生き延びれるのではないかと思います♪

 

しかし、これは、
なかなか素人には難しい技かもしれません。

 

また、今回のモノレート閉鎖は、
Amazonのデータに関する話。

Amazonの商品の動きをデータ取得できないならば、、、、

 

オークファンの利用で、
ヤフオク販売に流れる人も増えそうだなと感じます。

↓↓↓↓↓

オークファンはこちら♪

もちろん、

同様に、メルカリ物販の方にきりかえる人も、

増加するかもです。

いづれにしろ、
今までのAmazonせどりの仕入れが、
モノレートありきだったわけで、

今まで通りにとは、いかなくなる。

 

後出しジャンケンといわれる、

せどりリサーチが難しくなるということ。

生き残るには、

今までのリサーチ方法を変える必要があります。

対策としては、
・ジャンルを絞って商品知識をつける!
・地道に商品の動向を見る

など、
誰にも盗まれない自分のスキル、知識を磨く。

やっぱり、日々勉強!日々思考錯誤!日々前進!

これができる人は、どんなことが起きても、

先回りして対応できるのではないでしょうか♪

まずは、これからも、
いろんなツールが発売されていくかと思いますが、
基本的にはいつかなくなる意識でいることは、
大切だということですね。

 

(おまけ)個人的なモノレート終了への感想

モノレートに気持ちがありすぎてw

大変長くなりましたが、

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

モノレート閉鎖のお知らせ文章に、

『私自身、せどりをしながらプログラムを勉強し、
前身のサイト(Amashow)を開発しました。』

という文章はとても興味深かったです。

このサイトを、

せどりのためにプログラミングを勉強して開発したのか!!!

衝撃!尊敬!感謝!

 

改めて、さようなら!ありがとう!モノレート!(´;ω;`)

★ブログランキング!『主婦・お小遣い稼ぎ』★

このブログはブロガー専用テーマ「STORKストーク」を使っています♪




完全無料のゆる~いコミュニティ
『ほっこり倶楽部』

1人で困っていませんか?『あなたの悩みは、誰かの悩み!多くの人の困りごと!』良いか、悪いかは別として(笑)『ゆるっと交流しております』完全無料にて、サークル的なLINEグループやってます♪




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

ほっこり

在宅収入に取り組む、2児の母。

出産と同時に介護問題も抱えたことをきっかけに、夫婦で会社を辞め、「せどり」からはじめる。

【国内転売・サイトアフィリエイトを中心に】収入の安定と自由時間の確保を追求し、子供の成長を夫婦で楽しめる幸せな時間を大切にしつつ、日々全力で取り組んでます♪