『今まで本当にありがとう!』モノレート閉鎖のお知らせによる今後の対策と未来予想♪

2020年6月15日。

モノレート閉鎖のお知らせを知ることとなり、

せどり界隈がざわついています♪

 

相談者

ほっこりさん!

モノレートがなくなったら、

どうやって商品のリサーチしたらよいですか?

もう、せどりは終わりなんでしょうか?

 

ほっこり

結局のところ代替えツールがあるかないか?

が一番の問題かと思います。

 

閉鎖理由が、

Amazonの規約に違反しているという記載がありましたけど、

Keepaという代替えツールは有料ですがありますし、

無料のものも、

今後出てくる可能性もあります。

 

だから、とりあえずは大丈夫♪

 

ただ、

規約違反の詳細がわからないわけですから、

将来的には、なくなる可能性もないとは言い切れません。

 

なので、

今回のモノレート閉鎖を期に、

もし、リサーチツールがなくなったとしても、

稼いでいけるようなスキルにも、

目を向けていくきっかけにしましょう!

 

これがないと、あれがなくなったら、

稼げない!っていう状態はよくないです。

 

私なりに、

今後のせどりリサーチについて書いてみますね♪

 

モノレートはそもそもなぜ閉鎖したのか?理由からの考察

 

 

せどりをはじめて、約8年。

 

1日として、モノレートを見ない日があっただろうか。

いや、何日かはあったかもしれない(笑)

 

そう!まさに、毎日アクセスするサイト。

 

しかも無料!

 

ここまでお付き合いが長いと、

寂しさと切なさでいっぱいです。

 

 

さて、胸いっぱいの気持ちはここまでにして、

 

こんなにも長く、

せどらーに愛され続けてきた、モノレート。

ようは、『必要とされてきた』ツールであったということ。

そもそも広告費などで、

運営利益状況も良かったのではないかと思います。

※あくまで予想ですが。

 

ポイント

では、なぜ、急な閉鎖を決断したのか?

急に閉鎖発表をした理由は、

今後のせどりツール業界自体にも関係してくると思うので、

未来予想の参考になるはず!

調べてみました♪

 

閉鎖の理由は『Amazonから規約違反だと注意を受けたから』

 

モノレートサイトの発表によると、、、

 

『サイト閉鎖の理由と致しましては、

Amazon様より、「モノレートが、Amazonの規約違反に該当する」

とのご連絡を頂いた為です。』

 

と、記載がありますね。

 

と、なると、

類似ツールやサイトも今後閉鎖があるのか?

代替えツールの制作も厳しいのか?

 

ポイント

『Amazon様のデータを使用させて頂いている以上は、

規約を守るのは当然のことであり、

従うべきと判断しております。』

 

と、あるように、

Amazonのデータ抽出を利用していることが関係してるようです。

ただ、詳細がわからない。

発表もないので、真実は不明だと思ってます。

 

ほっこり

もし、モノレートを継続したいのであれば、

規約違反にあたる部分だけ削る!

など、サイトを残す対応策は、

いくらでもあったんじゃないかなぁと勝手に思ってます。

 

そろそろ、規約違反って言われたし、

時代的にも次いこかぁ~みたいなことも考えられますから、

同様のツールは出てくると思っています。

 

まとめ~代替えツールが登場しないわけがない~

結論!詳細がわからない限りわかりませんが、

今後、モノレートに変わるものすべてが排除されるということは、

考えづらいです。

 

なぜなら!!!

 

ほっこりの未来予想と理由

無料でつかえるモノレートがなくなった今、

せどらーがこぞって必要としているツール!

プログラマーさんやツール作成の会社だって、

見逃すわけがありません♪

せどらーの大移動が始まるわけですからビジネスチャンス到来です!

 

やっぱり、

プログラミングスキルがあるって、

こういう時、羨ましいなぁと思ってしまうわけです。

勉強しようかな、、、、、

 

これで解決!モノレートの代替えツールを用意しよう!

 

 

今、代替えツールとして考えられるのは、

チェックリスト

  • Keepa(キーパ)
  • sellersprite(セラーストライプ)
  • NEWTYPE DELTAトレーサー
  • リーファ
  • ウォッチベル
  • キーゾン(拡張機能)
  • ショッピングリサーチャー(拡張機能)

 

けっこうありますね。

ただ、それぞれに特徴があり、

有料のものをすべて契約する必要はありません。

 

店舗仕入れが中心だとか、

電脳仕入れが中心だとか、

それぞれの仕入れのスタイルにもよる部分もありますので、

1つ1つ確認してみて導入してみてください♪

 

ここではすべてのご紹介はできませんが、

今後、記事でそれぞれご紹介していきますね!

 

Keepa(キーパ)【有料版】※一番導入されただろうツール!

Keepaは2019年2月から有料版も出たのですが、

ポイントは、

ラインキンググラフだといえます。

モノレート同様に、

ランキング(売れた時)波形が見れるということですね♪

価格の推移は無料でもみることができますが、

有料版にすることで、

ランキング推移を見れ、

まさに、モノレートのように、

商品の回転がわかり、

仕入れ数量も把握できるわけです。

 

有料版の他の機能はこんな感じ♪

 

Keepaは、

グーグルクロームに導入できる、拡張機能になります。

無料でも使えますから、まだの方はこちらから入れてみてください!

Keepa - Amazon Price Tracker

 

そして、重要な、有料版の料金は、

月額、年額あり、海外のツールの為、

単位はユーロなので変動的です。

 

参考までに、現在、

月額料金 15ユーロ→ 1,811.63円

年額料金 149ユーロ→17,996.88円

 

もう一度書きますが、ユール単位なので、わずかながらでも変動的。

昨日より若干安いですw

(2020年6月17日調べ)

 

現状、この、ランキンググラフの精度は、

『Keepa』の有料版がベストと言われています。

 

ほっこり

※モノレートよりも精度は良いという噂。

すでに、私のリサーチ範囲ですが、

今後は『Keepa』の有料版を考えてる方が多い様子です。

 

モノレートが無料だったことで、

『Keepa』の有料契約を拒む人が多くなるならば、

せどらー減少?

チャンスかもしれませんねw

 

むしろ、

モノレートが無料だったのが奇跡!

せどりの昔話となり伝説となるでしょうw

 

『デルタトレーサー』はすでに動きが!今後の発表に期待!

 

追記

※記事作成後、現在は、有料のNEWタイプデルタトレーサーという形で、

無料版は事実上利用できない状態となりました。

 

『デルタトレーサー』は、

今年、終了を宣言していたのですが、

なんでか、とりあえず利用できてます(^▽^;)

 

今までも、
モノレートが開かない時など併用して利用していました。

 

そんな『デルタトレーサー』なので、

モノレートがなくなるとなると、

皆さん、一番に思いつくサイトかと思います。
↓↓↓↓↓
https://delta-tracer.com/

※現在は利用不可。

 

店舗せどりをする場合、

やはり、

今は 『デルタトレーサー』はブラウザ利用できるの、

ほぼほぼモノレートと変わらない機能を持っているといってよいでしょう!

 

今まで使ったことがない方は、

アカウント作成しておくとよいかとお思います♪

↓↓↓↓↓

(アカウント作成ページに飛びます)
https://delta-tracer.com/auth/reg/

 

『デルタトレーサー』の今後の情報は『合同会社ナナイチナナ』さんで!

情報を検索してみますと、

『合同会社ナナイチナナ』さん。

こちらの会社が『デルタトレーサー』を運営しています。
↓↓↓↓↓
https://www.nana-ichi-nana.com/

そして、見つけたのがこれ
↓↓↓↓↓
https://www.ecscouter.com/

ECSCOUTER(ECスカウター)という商品に、
『デルタトレーサー』が入っていました。

こちらの商品は有料で販売されています♪

しかも、その紹介LPをみていくと、

 

(※DELTAトレーサーは、今後ECSCOUTERユーザーだけが使用できる国内アマゾンの専用データベースです)

ってかいてますね、、、、

 

今後!!!と、いうことは、、、

ずばり!きっと!そろそろでしょう(笑)

詳細はわかりませんが、

有料であろうとも、

『デルタトレーサー』は、

モノレート同様に、ブラウザでほぼ同じ役割を果たしてくれるので、

今までのなんら変わらずリサーチはできそうですね♪

参考

『合同会社ナナイチナナ』さんの、

ツイッターはこちら♪

なにかリアルタイムで発信してくれるかもしれません♪
↓↓↓↓↓
https://twitter.com/717_jp 

 

せどりすとプレミアムに『デルタトレーサー』を連動してみた。

せどりすとプレミアムに『デルタトレーサー』を連動する方法です♪

 

店舗仕入れの方はとくに、

せどりすとプレミアム利用の方が多いかと思います。

現状、せどりすとプレミアムから、

なんかしらのアナウンスはないようですが、

せどりすとプレミアムで商品バーコードを読み取ったあと、

モノレートリンクも確認していたと思います。

 

このモノレート確認が7月からはできなくなる!

と、いうことで、

せどりすとプレミアムに、

『デルタトレーサー』を見やすいように、

設定してみましょう!

 

1.画面上の三本線マークから入っていきます!タップしましょう!

2.開いたメニューから『アプリケーション設定』に進みます!

 

3. 「検索リスト拡張ボタン一覧」にすすみます。

 

4.上にある【編集】にすすみます。

 

5.【+】マークをタップします。

 

 

 

6.新規カスタムボタンの入力!

・ボタン名はデルタなどわかるように自由に入力!

ポイント

・設定URLには

https://delta-tracer.com/item/detail/jp/{asin}

を貼り付けでください♪

 

 

こんな感じですね♪

 

7.あとは、うえの保存をおして完了で終了です♪

 

いつも、モノレートに飛べるリンクメニューが出る欄に、

デルタのリンクボタンができてるので、

そこから売れ行き確認ができるようになりますね♪

 

 

ただし、

現状まだ、7月から『デルタトレーサー』はどうなるのか?

有料になるのか?

そもそも、閉鎖しないのか(^▽^;)?

など、なってみないとわかりませんが、

とりあえず、設定してなれておきましょう♪

 

【番外編】気になるモノレート運営会社の新サービス『ウォッチベル』

 

そして、気になるのが、

モノレート閉鎖の挨拶に記載があった、

モノレートは閉鎖すますが、

新たなサービス 「WatchBell(ウォッチベル)」!

内容は、

モノレートの代替えやリニューアルではないが、

「モノレートの先を行く」ソフト?

詳細は、

「WatchBell(ウォッチベル)」のLPを見てみました。

 

 

リサーチには必須だった、

モノレートに変わる商品というわけではなく、

「WatchBell(ウォッチベル)」は、

販売価格を、適正にして、

売る手助けをしてくれる機能が充実してます。

 

Amazonデータを可視化することで、

人により使い方は様々っていうのは、非常に興味深いです。

そう。単純な利益商品吐き出しツールより、

データを見て自分で考えるっていう作業は、

最終的に自分のスキルが伸びますからね!

詳細はLPはこちら♪

※30日間無料体験できますので、

合わなかったら利用をやめればOKですね。
↓↓↓↓↓
https://watchbell.com/

モノレートの代替ツールではないですが、

神サイトモノレートを運営していた会社さんの商品なので、

期待は大きいです。

 

注意ポイント

利用条件は、

Amazon出品用アカウントを大口出品(プロマーチャント)または出店型であることが条件です。

これは、利用する際に、

現在小口出品者であれば大口への切り替えで対応できますね!

 

また、なにか、またわかれば記事にしてみたいと思います♪

 

結局、2020年7月からせどり仕入れはどうなる?

 

せどらーは減ると思います!

なぜなら、

今までの環境で、

モノレートが無料だったから!です。

 

考え

可能性として、なんかしら、

モノレートに変わるツールは、出てくると思うのですが、

まず、無料!ということはないでしょう。

しかも、

無料のモノレートがなくなった今、

代替えツールの需要は高く、

月額固定費がそれなりに高いことも予想されます。

※だんだんと、各種会社が様子を見ながら、

相場が定まってくると思いますが♪

そうなると、

まだ稼げてないせどらー。

中途半端にやってきたせどらー。

は、月額固定費がリサーチにかかるとなると、

『そこまで稼げてないし、やめようかな』

と、なる理由です。

※投資意識が低い人は、まだまだ多いのが現状です。

 

モノレート代替ツールも消滅したとしても生き残るせどらーとは?

 

消えていくせどらーの特徴を書きましたが、

逆をいえば、

『ツールがなくても売れ行きを分析できるスキルがある人が生き残る!』

と、いうこととなりますね。

 

うちも、

今までにはたくさんのツールを利用してきました♪

 

しかし、最終的に、現在も使っている有料ツールは、

・せどりすとプレミアム(有料)

・プライスター(有料)

のみとなります。(あくまで現状)

 

自動リサーチツールのようなものは、

利用していません。

 

もし、あなたが、

今、なんらかのツールありきの仕入れをしているのであれば、

Amazon規約的に、今後なくなるかもしれない。

 

という、可能性も0ではないですよ!

 

その可能性も考えると、

商品知識がいかにあるか!が肝になってきます。

 

商品知識のみならず、

商品の動向を見てきた経験からの先を見るスキル!

と、なってくるでしょう。

 

これは、

最初は地道な作業が続きますが、

すでに蓄積データがある人や、これからコツコツ作業できる人は、

生き延びれるのではないかと思います♪

 

もし、今後Amazonの商品の動きをデータ取得できないならば、、、、

オークファンの利用で、

ヤフオク販売に流れる人も増えそうだなと感じます。

オークファンのデータは本当に地道に分析していくと力つきます!

↓↓↓↓↓

オークファンはこちら♪

 

もちろん、

同様に、メルカリ物販の方にきりかえる人も、

増加するかもです。

いづれにしろ、

今までのAmazonせどりの仕入れが、

モノレートありきだったわけで、

今まで通りにとは、いかなくなる!

と、したら、

 

後出しジャンケンといわれる、

せどりリサーチが難しくなるということ。

生き残るには、

今までのリサーチ方法を変える必要がありますね。

対策としては、
・ジャンルを絞って商品知識をつける!
・地道に商品の動向を見る

誰にも盗まれない自分のスキル、知識を磨く。

 

これができる人は、どんなことが起きても、

先回りして対応できるのではないでしょうか♪

まずは、これからも、

いろんなツールが発売されていくかと思いますが、

基本的にはいつかなくなるかも?っていう意識は、

大切だということですね。

 

(おまけ)個人的なモノレート終了への感想

 

モノレートに気持ちがありすぎてw

大変長くなりました。

 

モノレート閉鎖のお知らせ文章に、

『私自身、せどりをしながらプログラムを勉強し、
前身のサイト(Amashow)を開発しました。』

という文章はとても興味深かったです。

ほっこり

せどりのためにプログラミングを勉強して開発したのか!!!

衝撃!尊敬!感謝!

改めて、さようなら!ありがとう!モノレート!(´;ω;`)

 

結論!おどしまくりましたが、きっとなくなることはないです♪

スキルをつけろとか、

書いたあげく!おどしまくりました、、が、(笑)

 

なくなったらなくなったで、

新しい同様のツールが登場します♪

そんなもんです。

 

【ほっこり愛用♪現在使っている転売ツール】

個人でも卸価格で仕入れが可能!おすすめ卸サイト♪

オークションデータは転売データの宝庫です♪

-せどりの話, 便利ツールなど
-,

© 2021 育児中でも在宅で稼ぐ!主婦ほっこりのせどりブログ!